シャンプー 種類 市販

年齢により髪が老化したら市販シャンプーの種類を理解しておくべきです

数ある日用品の中でも使う頻度が
かなり高いのがシャンプーですね。

 

いつからか清潔志向が高まっているので
毎日している方も多いと思います。

 

今回はそんな必需品の基礎的なお話です。

 

シャンプーと一口にいっても
3種類に分けることができます。

 

お店に行くと山のように売られてるので
もっとありそうなイメージをお持ちの方も
おられるからもしれませんが
大きなカテゴリに分けると3つしかありません。

 

その良い点と悪い点を順番にお伝えしていきます。

 

 

まず「石油系シャンプー」です。

 

石油といってもそれをそのまま使ってるわけではないく
石油を原料にした洗浄剤(界面活性剤)を使用している
という意味になります。

 

近年は燃料費が上がるなどニュースでよく言われてますが
コストは他の洗浄原料と比べてまだまだ安いので
最も多く生産される特長があります。

 

そのため市販されてる
ほとんどのシャンプーが石油系になります。

 

しかし、メリットは大量にあることと
価格が安いことしかありません。

 

石油系界面活性剤は洗浄力が強すぎるので
皮脂を逆に増やして頭皮のベタツキやかゆみ、
ヒリヒリしたりする炎症の原因になります。

 

皮膚を壊す悪質もあるため
健康面を重視するなら選ぶべきではありません。

 

 

次に「石けんシャンプー」

 

文字通り石けん成分がメインのもので
動物の脂やヤシ油などの天然油脂を
水酸化ナトリウムで分解して作られており
肌にも環境にも優しいメリットがあります。

 

しかし、石けんは元々洗浄力が強いため
石油系同様、皮脂を取りすぎる欠点があります。

 

また石鹸はアルカリ性なので
洗い上がりの髪がキシキシしたり
頭皮への負担が少々高いことも気になります。

 

 

最後に「アミノ酸系シャンプー」

 

洗浄成分は天然植物を原料にしたものを使用し
性質は肌と同じ弱酸性で3つの中で最も低刺激なタイプです。

 

数種類のアミノ酸も配合されており
髪と頭皮の補修にも役立つ優れものです。

 

ものによっては希少価値が高い
贅沢な成分を配合しているものもあります。

 

そのぶん値段が高めという欠点がありますが
最も丁寧に研究を重ねて作られたものなので
健康を考えるなら最適なシャンプーといえます。

 

 

体に悪い成分入りシャンプーを長年使っていると
経皮毒(体内に成分が浸透して害をもたらすこと)の
危険性も出てくるので頭部に悩みが特にない方でも
なるべくアミノ酸系を使ったほうがいいですね。