髪 パサパサ 朝

夜お手入れをしているのに朝になると髪がパサパサしてしまうのなら・・

丁寧にお手入れしているはずなのに朝になったら決まって
パサパサな髪に戻っていることはありませんか?それはそもそも
ヘアケア方法が間違っている可能性があります。

 

トリートメントをしてるからと油断していたら髪の水分は戻りません。

 

私は髪がいつもパサパサしているから
年中ヘアケアは欠かせないという方は
たくさんおられると思います。

 

パサついていると無駄にボリュームが出たり
まとまりにくくてスタイリングに時間がかかったり
地味ですけどやっかいな問題ですよね。

 

中には夜しっかりお手入れしているはずなのに
朝になったらパッサパサに逆戻り〜・・・
なんて悩みをお持ちの方もいると思います。

 

ふつうに考えたらおかしいことですが
原因はいろいろと考えられます。

 

まず元々髪が乾燥しやすい・クセ毛になりやすい
という遺伝的(先天的)理由があります。

 

それは仕方ないことではありますが
ケアをすればちゃんと対処できることです。

 

本当に問題なのは後天的理由です。
つまり普段のヘアケアの仕方などに
間違いやまずいことがある可能性があるってことです。

 

 

とりあえずトリートメントしてるからOK
と思っていたら要注意です。

 

いくら質のよいトリートメントを使っても
ドライヤーを使いすぎたり近づけすぎたりすると
髪の毛は熱に弱いのでかなり痛みます。

 

髪が濡れていたらキューティクルが開いてる状態なので
寝返りなどで痛む可能性が高くなります。

 

よって寝る前に髪を乾かすのは鉄則なのですが
やりすぎもよくないので程よく乾かしましょう。

 

パサつくからといってワックスを多用してる方も要注意。

 

ワックスって一時的にはいい対策にはなりますが
大抵髪に悪い成分が満載なので
結局は逆効果に繋がりやすいんですよ。

 

 

そしてある意味いちばん
気をつけてほしいのはシャンプーですね。

 

髪がパサパサになるってことは
表面を覆うキューティクルがはがれて
ガサガサになり乾燥しやすい状態です。

 

そのため市販シャンプーをはじめ
石油由来の合成界面活性剤が主成分の
質の悪いものを使い続けてると…

 

髪を痛める⇒補修⇒髪を痛める⇒補修
という感じの悪循環に陥ります。

 

ということでシャンプーはパサツキを防ぐ
最も基本的な対策ってことになります。

 

あと地道な対策を毎日続けることが大切なので
美容院に行けば万事解決ってわけにはいきません。

 

そういうことしてたら出費も嵩むので
オススメの対策とはいえません・・・